M'trimmna Rahz

キャラクター名 メ・トリンナ・ラツ
ホームワールド Alexander (Gaia)
プレイヤー ぜろます
フルネーム メ・トリンナ・ラツ
職業 召喚士
所属 黒渦団・暁の血盟
性別 女性
身長 約59イルム
年齢 23歳
誕生日 星4月8日
種族/部族 ミコッテ / サンシーカー
守護神 アーゼマ
出身地 ギラバニア/ピーリングストーンズ
住所 不定・野宿
イメージカララント
スレートグレイ
Lodestone
好きなもの ミコッテ風山の幸串焼。郷土に由来するご馳走と勘違いしていた。本当はムーンキーパー伝統の味。お腹が空いても、一日一本。
苦手なもの アントリオンやチゴーを中心とした虫。夜間の森や砂地。
趣味 水切り。野宿がてら平たい石を集め、荷物に忍ばせているという。
特技 早寝。岩場でも、寝心地の比較的よい地形を見つけられるのが自慢だとか。
お酒について 飲まない。酒場のカウンターで爆睡してしまった一件以来、ますます避けるようになった。
たばこについて 吸わないが、野草に火を付けて咥えていることがあるという。
お気に入りのスポット ミズンマストのベッド。頑張って稼いだ日のご褒美だとか、そうでないとか。
能力 飲みこみが早く、巴術師ギルドに所属してすぐ、巴術の基礎的な技能を身につけた。応用として学び始めた召喚術に関しても、基本的な要素は扱えるようになっている。
戦い方 一歩引いた戦い方を好む。冷静に最適な図柄を選びだすが、風に魔導書が煽られたりすると途端に動揺してしまう。キレよくエーテルを打ち出すのが得意。「ルインは水切りの要領で打ち出せ」は本人談。
トラウマ 幼少期に帝国による侵攻を経験。隙をみて、夜な夜な黒衣森まで逃げ出した。当時の恐怖を忘れることができず、夜間の森や砂地には近づかないようになった。クラッカーの音に驚き、水切り用の石を投げつけたこともある。
仲間について 暁の血盟や黒渦団に所属するが、活動はあまり活発ではない。砂地や森を避けてしまう性格ゆえ。
家族について ピーリングストーンズにて、メ・ラツ・ヌン、メ・ハトアの間に生まれる。自身はすでに勘当されたものと思い込んでおり、アラミゴ解放の報を受けた折にも訪れることはなかった。「トリンナ」は授かった名をつかう後ろめたさから咄嗟に名乗ったもの。
友人について まばらにいる。低地ラノシアなどで、時折何人かと水切りをしているという。
敵対者について 帝国に敵意を持っているが、実際に帝国兵らと相対すると怯えてしまうことが多い。そのため、ワインポート等にはあまり近づかない。
関係成立まで 深い関係性(恋人・相方など)は募集しておりません。
恋愛について 既に恋人がいます。
ギラバニア・ピーリングストーンズにて生まれる。帝国による属州政策の煽りを受け、侵攻を受けた夜に一人で逃走。黒衣森に行き着いた。以後わずかな期間グリダニアにて寝泊まりをするようになるが、他所者、特にアラミゴ人らに対する風当たりの強さから馴染めず、また先の経験で夜間の森林に対しトラウマを覚えたことからラノシアへ移った。以後は黒渦団員としての活動などを時折行いながら、野宿する日々を送っている。
髪の色 濃いめのグレー
瞳の色 原色よりの青
肌の色 ギラバニアで過ごした時間が短かったこともあり、陽に焼けておらず色白。
顔立ち 鼻筋が通っている。輪郭はほそめ。
体型 痩せ型。ご飯をもとめている。
特徴 鼻頭はグレー様の色素沈着がある。目の覚めるような青い瞳と、目元のラインが特徴。
雰囲気 物静かだが、冷たいわけではない。
いつもの服装について 普段着は装飾の少ない、落ち着いた色のものを着るが、召喚士として活動する際はスカエウァブランドの装備を着用する。
所持している武器 魔導書。同、スカエウァ・マジテックグリモアを使う。
常に身に着けているもの お気に入りの水切り石。あまりにもよく飛ぶため、慌てて対岸まで取りに行き、以来肌身離さず持っている。
よくやる仕草・癖 腰に手を当てる、天を仰ぐなど。胸の前で腕を組み眠る姿もよく見られる。
チャームポイント ぱっちりとした目元とまつ毛。
モブ視点の第一印象 寡黙な印象。あまり話さないタイプかな、と思われがち。
エーテルの色
エーテルの量 多め
エーテルの質 なかなか